早漏トレーニング評価ブログ「ソロカイ」-あなたの早漏を安全・確実・最短で治す方法

早漏の原因が、これだけ増えた

公開日: 更新日:

早漏について、特に早漏の原因について、再考察を続けてまいりました。
私は今まで、早漏の原因には以下の4つがあると、説明してきました。

1.肉体的原因
ペニスが敏感すぎる。多くは亀頭ですが竿の部分も感じてしまう男性もいます。

2.心理的原因
興奮しすぎてしまい、自律神経のバランスを崩して速く射精してしまう。

3.条件反射
勃起や刺激を受けると、条件反射で射精しそうになってしまう。

4.ハイブリッド
1~3までの組み合わせ。

しかし、カウンセリングと研究重ねてきた結果、早漏の原因としてさらに以下2点が有る事が判ってきました。

過労による早漏、いわゆる衰弱性早漏
勃起力減衰型早漏

以上の2つです。

 衰弱性早漏 

衰弱性早漏とは、加齢により早漏になってしまうものです。
多くの場合、以下のように説明されている場合がほとんどです。

衰弱性早漏のメカニズム。

1.人間は、加齢により筋肉は弱まる。
2.弱まる筋肉の中には、PC筋に代表される射精を止める筋肉も当然含まれる。
3.射精を止める筋肉が弱まり、若い頃のように射精を止められなくって早漏になる。

以前より私も、この衰弱性早漏のメカニズムについては、なんとな判っていましたし、このメカニズムでは間違いないだろうと考えてきました。
しかしながら、私は以前より一つの疑問がありました。

早漏は本当に治るのか?

実は私自身も早漏だった頃に、早漏を克服しようとして射精を止める筋肉を鍛えたことがあります。
早漏克服法の一つとして良く言われている、小便をしている時に小便を何回か止めると事もかなりやり込みました。
やり込んだ結果、5分程度なら余裕で小便を途中で止めおく事ができるようになりました。

さてそれで早漏を治すことができたのか?
答えは、ノーです。
いくら射精を止める筋肉を鍛えても、早漏を克服することはできませんでした。

これはもしかしたら、私だけの現象で他の男性は、射精を止める筋肉を鍛えれば早漏は治るかと私は考えました。
私は恋愛心理カウンセラーでもあるので、早漏に悩む男性からも相談を受けます。
相談を受けた早漏男性に、

「PC筋を鍛えると、早漏を治すことができるようです。」

と、アドバイスした事もありますが、やはりいくら射精を止める筋肉を鍛えても早漏を克服できる男性はいませんでした。
いたとしても、他の早漏克服法との併用です。射精を止める筋肉だけを鍛えて、早漏を克服した男性はいませんでした。

射精を止める筋肉では、早漏を治せない?

前述通り、私は小便を途中で5分以上も止められるほど、射精を止める筋肉を鍛えました。
しかし、早漏は一向になりませんでした。

セックスをすればと、快感のレベルはどんどん上がっていきます。
亀頭に刺激を受ければ、どんどん射精感が盛り上がっていき、最終的には猛烈な射精感が襲ってきます。
こうなると、いくら射精を止める筋肉で射精を止めようとしても、止められるものでは無いのです。

もしかしたらですが、中には早漏を回避できる、強靭なPC筋を持っている男性もいるのかも知れません。
しかし、少なくとも私にはできませんでした。

いくらPC筋を鍛えようとも、急激に盛り上がる射精感を抑え込んで、早漏を防止して射精コントロールする事は出来ませんでした。

EDで早漏になる?

最近、判ってきた早漏の原因に、EDがあります。

「EDで早漏になるって?」
「EDじゃペニスを膣に挿入できないのだから、早漏も何も無いだろう。」

そうあなたは、お考えかも知れませんね。
EDと聞くといわゆるインポテンツ、勃起ができないと考えるものです。
しかし、EDとは勃起ができないだけではありません。

中途半端な勃起や中折れも、EDなのです。
そもそもEDとは、Erectile Dysfunctionの略であり、日本語で言うと勃起不全となります。

つまり、しっかりと勃起ができなくてペニスを膣へ挿入できない。もしくは、挿入しても早漏になってしまったり、中折れしてしまうような状況もEDなのです。

なぜ、EDになると早漏になるのか?

では、なぜEDになると早漏になってしまうのでしょうか?
それは、ペニスの硬度と感度に大きく関係してくるのです。

あなたも経験があると思いますが、朝立ちした時にギンギンにペニスが勃起している時にセックスをする。
フェラをしたり、膣にペニスを入れたりした時に長持ちする。

逆に、ペニスの勃起がイマイチで、ちょっと柔らかい。
そんな感じの時に、フェラをされたり膣にペニスを入れると、やたらと早く射精しそうになる。
すなわち早漏になる。

なぜか?

これは、ペニスがギンギンに勃起していると、刺激を跳ね返してしまうためです。
一見すると、ギンギンに勃起しているので、すぐに射精してしまいそうにも思えます。しかし現実はそうではありません。
硬く勃起したペニスは、刺激を跳ね返してしまい長持ちするのです。

ではその逆。ペニスの勃起がイマイチで柔らかいと・・・

刺戟に弱くなってしまうのです。

たときは、とてもではないですが、

早漏の原因をまとめていますが

早漏の新しい2つの原因

1.過労による早漏、いわゆる衰弱性早漏
2.勃起力減衰型早漏

これらを2つを入れて、早漏の原因は6つになるという事になりそうです。

とは言え、まだ私の頭の中では、まだ整理されていません。
正式な発表は、もう少々お待ちください。

本日のワンポイント

早漏の原因は、4つから6つへ。

あなたにぴったりの早漏克服法があります。

射精コントロール法を身に付けるのに大事な事は、自分にぴったりと合った早漏克服法をやることです。
こちらに、あなたにぴったりの早漏克服法があります

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングは、こちらをクリック

早漏対策マニュアル、セックステクニック対するご質問、お問い合わせなど、何でもお気楽にご相談ください。
お気楽にこちらをクリックしてください。
ご質問はこちら。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.