早漏解・ソロカイ。早漏を対策したら28歳年下の彼女ができた。
早漏自慢

早漏自慢とAV男優


早漏自慢、セックス自慢

早漏男性でも射精コントローラーでも、一度は聞いたことがあるのがセックス自慢ではないでしょうか?

セックス自慢とは、文字通りセックスに関する自慢です。

「なんだそれ?」とあなたは思っているかも知れませんが、実例を挙げれば「あ、そう。あるある。」とすぐに判ると思います。

例えば・・・

「この間、彼女とセックスをしたら、一晩に5回もやっちゃったよ。」
という、セックス回数自慢。

「俺がクンニすると、ほとんどの女がイっちゃうんだよな。」
という、セックステクニック自慢。

「潮吹きなんて簡単だよ。俺がやれば100%潮をふく。」
という、セックス潮吹き自慢。

近年になって、潮吹き = 気持が良いわけではないという正しい認識が広まってきましたので、セックス潮吹き自慢は減ってきたように思います。
しかし、男性同士の酒席などでは、良くこういったセックス自慢話が聞かれるものです。

さて、これと似たようなものに、怪我自慢というものがあります。
実は私は、女性にモテるために格闘技をやっていました。
かなりやり込みまして、試合にも何度も出場しました。

余談ですが、格闘技がブームだったので、かなりモテましたね。
これは、そのうにじっくりと話しますが、何か趣味をやってモテようと思ったらコツがあるのです。
例えば格闘技なら、格闘技ブームとなって、格闘技を見るファンは五万といます。

しかし、格闘技をやる人は極少数です。

この状態を女の子から見たらどうでしょうか?
女子からしたら、格闘技を見るだけのファンとは周りに大勢います。
女の子が可愛いければ可愛いほど、「俺も格闘技が好きなんだ。」と男性が群がっていきます。

そこへ、格闘技を実際にやっていて試合をしている、私が現れたらいかがでしょうか?

女の子からしたら神なんですよね。(笑)
いくら、格闘技ファンがマニアックな知識を振り回しても、実際にやっている人には絶対に勝てません。
おかげ様で私は、たっぷりと美味しい思いをさせていただきました。

これは、女性にモテるためのコツの一つですから、そのうちじっくりとお話しします。

早漏の話に戻しましょう。

話が横道へそれてしまったので、早漏の話に戻します。

セックス自慢を聞いて、あなたはどう思いますか?

「早漏だから羨ましいと思います。 」
「ほとんど嘘でしょう。だから、話半分に聞いています。」
「自分のセックスの参考にしています。」

色々な回答があるでしょうね。
だけど、このセックス自慢には、一つ大きな落とし穴があります。

それは、他人と自分を比べてしまう事です。

前回、他人と自分を比べてはいけないというお話をしました。

セックス自慢も聞いていると、無意識のうちに自分と他人を比べてしまうのです。
特に、早漏の男性は注意が必要です。
早漏の男性は、セックスに対して自信がありません。

ですから、他人のセックス自慢を聞くと、無意識のうちに自分と比較して、
「あ~あ、俺は早漏でダメな男だ~。」
と、勝手に自己評価をしてしまう
のです。

早漏男性で特に怖いのが

さらに早漏男性の場合、もっとまずい状況へと落ち込むことがあります。

セックス自慢なら、嘘や誇張が入っているから、無意識も完全にブロックできる場合があるのです。
しかし、AVを見て、AV男優と早漏の自分を比較するのは、とてもよろしくない状況になります。

なぜなら、AV男優の場合はAVとして映像と音声で、本当にバンバンセックスをしている姿が証拠としてあるからです。

セックス自慢のように、
「女を20回イカせた?どうせ嘘だろうよ。」
と、自分で自分をごまかすことができないのです。

影像としてAV男優のセックスは、記録されてしまっているから、信用するしかないのです。

このような絶対的な事実を突きつけられると、早漏男性はAV男優と自分を比較してしまいます。
その結果、委縮してしまう場合があるのです。

もしもあなたが、自分とAV男優を比較して、「俺は早漏だからダメだ~。」とか考えていらっしゃるのなら、その考えは改めてください。
なぜなら、AV男優はセックスのプロです。カメラの前でセックスをすることでお金を稼いでいるのです。

松井秀樹のバッティングと自分のバッティングを比較して、
「俺ってダメだ~。」
と、がっかりする倉野球の選手がいたら、あなたは
「何言ってんだよ。当然だろ。」
そうあなたは思いませんか?

AV男優と自分を比較するのは、そういう事なのです。

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングは、こちらをクリック

早漏対策マニュアル、セックステクニック対するご質問、お問い合わせなど、何でもお気楽にご相談ください。
お気楽にこちらをクリックしてください。
ご質問はこちら。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.