早漏解・ソロカイ。早漏を対策したら28歳年下の彼女ができた。
no

早漏を克服する下着とは?


「下着が早漏に影響する。」

そう言ったら、あなたは信じられますか?

「下着が早漏に影響する?ビガーパンツの事か?」

そうあなたがお考えなら、40歳以上の年齢の方かも知れません。

あなたが、ビガーパンツをご存知無いかも知れませんので説明しおきましょう。
ビガーパンツとは、仮性包茎の治療を目的としたパンッです。

特殊な構造をしていて、仮性包茎のペニスつねに亀頭を露出した状態にしておけるパンッでした。

ビガーパンツは、現在は既に生産中止となり販売されていないようです。

ビガーパンツを履いて、常に亀頭を露出するようにしておけば、亀頭の皮膚が鍛えれて早漏を克服できる可能性はあるでしょう。つまり、下着が早漏対策に役立つのですから、下着が早漏に影響を及ぼすとも言えまので、ビガーパンツは正解の一つでしょう。

しかし私が言いたかったのは、ビガーパンツでは無く、ごく一般的な下着も早漏へ影響を与えると言う事です。

私の体験談をお話しましょう。
私が早漏だった頃、下着が早漏に影響するとは、考えもしませんでした。
そのため、候だった頃の私は、ブリーフを愛用していました。
若かったので、ブリーフというよりもハーフビキニのようなパンツを愛用していました。

しかし、ブリーフもビキニも、早漏になりやすいパンッなのです。
その理由は、ブリーフはペニスと睾丸を包み込み、やさしく守ってくれます。
早漏時代の私は、さらに仮性方形でした。亀頭は常に皮とパンッの柔らかい布に守られいたのです。

私は早漏を克服ふると決意し、独自の早漏克服法を始めました。
それに合わせて、仮性包茎だった亀頭の皮を切った絆創膏で固定し、常に亀頭を露出している状況にしていました。

仮性包茎だった私は、亀頭を露出しているとくすぐったく痛く痒いような感じを受けたものです。

しかし、一週間もするとその感覚にも慣れていきました。そして、ブリーフやハーフビキニの柔らかい布では、亀頭の皮膚がこれ以上は鍛えられないのではないかと考えるようになりました。

そこで、下着をブリーフからトランクスへ変えたのです。
トランクスのごわっとした綿の布は、最初は亀頭が痛かったのですが、徐々に慣れていき、早漏克服法との相乗効果もあり、三ヶ月で仮性包茎が治ってしまいました。

これは、当たり前のことでもあったのです。
柔らかく、かつ亀頭をやさしく包んで固定するブリーフやハーフビキニに対して、トランクスは亀頭を包む事はしません。

体を動かせば、トランクスの中で亀頭は動き、常に布に擦られるのです。
ブリーフやハーフビキニと、トランクスのどちらが亀頭の皮膚を鍛えるかといえば、考えるまでもの無くトランクスです。

あなたが、早漏を克服したいと考えていらっしゃるのなら、下着はトランクスを履くことをお勧めします。

 

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングは、こちらをクリック

早漏対策マニュアル、セックステクニック対するご質問、お問い合わせなど、何でもお気楽にご相談ください。
お気楽にこちらをクリックしてください。
ご質問はこちら。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.