早漏トレーニング評価ブログ「ソロカイ」-あなたの早漏を安全・確実・最短で治す方法
no

早漏は精神的なものと言われています。
しかし、実際には早漏の原因には、精神的なもの肉体的なものがあります。
この記事では、精神的な早漏の原因の一つである、心理的原因:興奮について説明します。
精神的に興奮しすぎるから早漏になるのは、なぜでしょうか?
そこには、射精するメカニズムが深く関係しています。

早漏になる神経

早漏の心理的原因:興奮
男性の勃起と射精は、自律神経がコントロールしています。自立神経とは文字通り、自律した神経で、脳からの指令とは無関係に、人間の臓器をコントロールしています。
例えば、心臓の鼓動や体温など、自律神経がコントロールしています。
運動をすれば、心臓の鼓動が速くなり体温が上がるのは、自律神経がコントロールしているためです。
自律神経は、交感神経副交感神経の2つの神経で構成されています。

人間は落ち着いてリラックスしていると、副交感神経優位になっています。夜になってリラックスして、眠くなると副交感神経優位となっています。
男性が勃起する時も、副交感神経優位となっています。元気の良い男性は、朝立ちをします。これは、男性が眠っていて副交感神経優位となっているためです。
これに対して、射精をする時は興奮状態となり、交感神経優位となっています。

早漏の心理的原因:興奮とは?

早漏の心理的原因:興奮とは、早漏男性が精神的に昂奮しすぎてしまい、自律神経のバランスが崩れてしまい、射精をコントロールできなくなり早漏になってしまうのです。
早漏ではない男性は、ペニスに刺激を受けても、それぼど興奮する事は無く、常に副交感神経優位の状態を保てるのです。
自律神経のバランスが崩れる要因は、以下の3つがあります。
1. ストレス
2. 生活リズムの乱れ
3. セロトニン不足

早漏とストレス

仕事や勉強、人間関係などのストレスは、自律神経のバランスを崩す原因となります。
自律神経のバランスを崩れると、今まで早漏では無かった男性が、突然、早漏になってしまう場合があります。
一度でも、早漏になってしまうと、その事がトラウマとなって、同じように早漏を繰り返す場合もあります。
また、無意識のうちにセックスを拒否するようになり、自分が早漏だとの記憶だけが残ってしまう場合もあります。

早漏になる生活リズムの乱れ

人間の生活リズムは、太陽が出て明るくなったら朝目覚めて、昼活動し、太陽が沈み暗くなったら静かに暮らして眠る。これを繰り返します。
この生活リズムに合わせて、自律神経が活動しています。
朝、太陽が出て明るくなると、自律神経は交感神経優位となります。
太陽が沈み、暗くなると自立県神経は、副交感神経優位なりリラックスします。
しかしながら現代の都市部では、過剰な照明により、暗くなる事が少なくなっていて、自律神経が常に交感神経優位となってしまいます。
このため、自律神経のバランスを崩し、セックスでも自律神経優位になりやすくなり、早漏になってしまうのです。

早漏になるセロトニン不足

セロトニンは、ノルアドレナリンドーパミンと並んで「三大神経伝達物質」と呼ばれています。
セロトニンは、興奮して射精しやすくなる、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。
セロトニンが不足すれば、興奮しやすく(キレやすち)なったり、うつ病になったりします。
ペニスに刺激を受けると、直ぐに興奮が高まり早漏になってしまうのです。
セロトニンが不足するのには、ストレス、運動不足、採用不足など、様々な要因があります。

まとめ

精神的な早漏のト言われる「心理的原因:興奮」は、自立神経のバランスが崩れて早漏になってしまう。
自律神経のバランスが崩れる要因には、1.ストレス、2.生活リズムの乱れ、3.セロトニン不足がある。

無料特典付きお勧め早漏対策マニュアルのレビュー一覧は、こちらをクリックしてください。
ここだけの【無料特典付き】早漏対策マニュアルレビュー一覧

人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。
人気ブログランキングは、こちらです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.