早漏解・ソロカイ。早漏を対策したら28歳年下の彼女ができた。

早漏を防止する正しい知識と実践的な方法

早漏を防止する正しい知識と実践的な方法

早漏(そうろう)防止という言葉の意味を、まずは正しく理解しましょう。

早漏防止とは、早漏が治療されていない男性でも、セックスをしたら早漏にならず長持ちをすると言う事です。
また、早漏防止法を採用することで、即時に早漏男性が長持ちする(挿入時間が延ばせる)事ができます。

つまり、早漏男性が、即時に長持ちできるようになる(挿入時間を延ばせる)方法が、早漏防止法です。

早漏防止へアプローチ

早漏防止へのアプローチ方法としては、以下の3つの方向性が考えられます。

  1. 肉体的原因の早漏に対して
  2. 心理的原因の早漏に対して
  3. ハイブリッドの早漏に対して

以上の中で、ハイブリッドの早漏に対しては、原因因子が多義にわたるため、早漏防止はかなり難しいです。ハイブリッドの場合、早漏防止策をあれこれ講じるよりも、早漏克服法を行った方が最短確実に早漏対策ができます。
早漏が女性を中イキ、連続イキさせる早漏克服法

そのため、本ブログではハイブリッドの早漏克服法は、取り扱いますが、防止法については、取り扱いません。

1.肉体的原因の早漏に対して

肉体的原因の早漏に対しての防止法には、以下の3つがあります。

  1. 肉厚のコンドーム
  2. 早漏防止薬付きのコンドーム
  3. 早漏防止の塗り薬、スプレー

以下、それぞれ説明します。

肉厚のコンドーム

肉厚のコンドームとは、ゴムやラテックスなど、コンドームの材料を厚くする事で、亀頭や竿の部分への刺激を緩和して、早漏を防止する方法です。

通常、コンドームの暑さは、0.03ミリから0.001ミリです。
それに対して、肉厚のコンドームは、厚さ0.1ミリ以上あり、一般的なコンドームに比べて、3.3倍から100倍の厚さがあります。
この厚さによって、ペニスへの刺激を緩和し早漏を防止します。
早漏防止の極厚コンドームの効果的な使い方

早漏防止薬付きのコンドーム

早漏防止薬付きのコンドームとは、神経を麻痺する麻酔薬が付いたコンドームです。
ペニスに装着することで、ペニスの神経を麻痺させて、肉体的早漏を防止しします。
早漏防止コンドームは極厚だけじゃない!

早漏防止の塗り薬、スプレー

早漏防止の塗り薬、スプレーは、局所麻酔成分が含まれています。
局所麻酔成分ですから、皮膚に塗ればその部分の神経が麻痺してしまいます。
神経が麻痺すれば、刺激を受けても気持ち良くならず、射精感も盛り上がらずに、早漏を防止できるのです。
早漏は塗り薬では、治療できない?

早漏防止の裏技?

神経を麻痺させる局所麻酔成分は、市販されている傷薬や痒み止め等にも含まれています。
早漏対策の裏技。安くてどこで売っているアレを使います。
早漏の裏技で、重大なミスをしてしまいました。

心理的原因の早漏に対して

心理的原因の早漏には、以下の2つがあります。

  1. 心理的原因:興奮
  2. 心理的原因:条件反射

心理的原因:興奮

勃起と射精は、自律神経がコントロールしています。
自律神経が副交感神経優位、すなわちリラックスしている時に、勃起します。
自律神経が交感神経優位、すなわち興奮している時に、射精します。、
興奮しすぎると、自律神経のバランスが崩れ、女性が満足する前に射精してしまい早漏になるのです。

興奮を抑えるためには、腹式呼吸が有効です。
腹式呼吸をする事で、自律神経が副交感神経優位となり早漏が防止できます。
早漏を防止する呼吸法とは? (1/3)
早漏を防止する呼吸法とは? (2/3)
早漏を防止する呼吸法とは? (3/3)

心理的原因:条件反射

心理的原因:条件反射とは、すぐに射精するプログラムが脳に組み込まれている状況です。
そこで、脳に組み込まれたプログラムをごまかすか、書き換える必要があります。
早漏では、こんな中イキ、連続イキはさせられません。
早漏男性が、中イキさせられない本当の原因とは?
早漏は、ポジティブシンキングで防止できるのか?