早漏トレーニング評価ブログ「ソロカイ」-あなたの早漏を安全・確実・最短で治す方法
早漏防止スプレー

そうろう防止スプレーの正しい使い方

公開日: 更新日:

早漏防止スプレーは、その成分について理解をしていないと、早漏を防止する事はできません。
それどころが、早漏防止スプレーを使って、女性に嫌われたり、女性の性感が落ちてしまう可能性すらあります。
この記事で、早漏防止スプレーの正しい使い方を学んでください。。

早漏防止スプレーで、早漏は治療できるのか?

まず、早漏防止スプレーでは、早漏は治らない。この事を理解してください。
早漏防止スプレーは、その名のとおり早漏を防止します。早漏を治療できる訳ではありません。

ただし、早漏防止スプレーを使い、早漏克服トレーニングを工夫すると、早漏の克服が可能です。
しかし、通常の使い方をする限り、あくまでも早漏を防止するための一つの手段に過ぎません。早漏は治療できません。
まず、これを押さえておいてください。

では、なぜ早漏防止スプレーで、早漏を防止できるのか?その秘密は、その成分にあります。

早漏薬の主成分と効果

リドスプレーやトノス等、早漏防止スプレーの主成分は、局所麻酔成分です。
局所麻酔成分は、リドカインや塩酸ジブカイン等があリますが、リドスプレーはそのままの名前と言っても良いでしょう。

局所麻酔成分を皮膚や粘膜に塗ると、神経が麻痺します。亀頭やペニスの竿に塗れば、神経が麻痺して、刺激を受けても感じなくなります。
つまり、早漏防止スプレーとは、ペニスの性感帯の神経を麻痺させて、感じなくする薬なのです。

そのため、射精時の快感はあまり下がりませんが、射精するまでのフェラチオや膣からの快感は下がります。

早漏が防止できない早漏薬にご注意

現在、早漏防止スプレーは、様々な種類が販売されています。
Amazonでも買えるような早漏防止薬がありますが、効果のないものがあります。

早漏防止の効果がない原因は、以下の2つです。

  1. 早漏の原因が、心理的なものである。
  2. 局所麻酔成分が含まれていない。

早漏の原因が、心理的なものである。

早漏の原因には、大きく分けると、肉体的な原因と心理的な原因があります。
早漏防止スプレーが効果を発揮するのは、肉体的な原因の早漏だけです。
稀に、心理的な原因の早漏に効果を発揮する場合かあります。それは、ポラシーボ効果のためです。

早漏防止スプレーは、肉体的な早漏にだけ効果があるのです。

2.局所麻酔成分が含まれていない。

市販されている早漏防止する塗り薬の中には、旭志麻酔成分か含まれていないものがあります。また、成分が公表されていないものもあります。局所麻酔成分が含まれていないのなら、ペニスに塗っても性感帯の神経は麻痺しません。当然の事ですが、早漏は防止できません。

早漏防止スプレーを購入される場合は、成分表が公表されていて、局所麻酔成分が含まれているもの選ぶことが大切です。

私がお勧めする高評価の早漏防止スプレーは以下の3点です。

メガマックススプレー

リドカイン配合で安心です。。
ペニス増大効果は、期待程度でしょう。
人気No.1

VP-MAXスプレー

リドカイン配合で安心です。

ペガスデレイローション

31種類の成分を独自配合しています。、

まとめ

早漏の塗り薬では、早漏防止はできるが早漏の治療はできない。
早漏防止の塗り薬は、その成分と効果を配慮して購入せよ。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.